乳酸菌といったヘルシー食品で元気開発|健康美研究委員会

薬

重要な働きをする腸

女性

人間の体は、様々な臓器の働きによって活動することができています。それぞれの臓器が重要な働きをしていますが、その中でもとりわけ健康に直接的な影響を与えているのが腸です。腸は摂取した食べ物を消化吸収する役割を担っている消化器官です。胃で消化された食物の栄養を吸収する役割を担っています。それだけではなく、腸は外敵から身を守るための免疫機能が集中している臓器でもあります。体全体にある免疫システムの約60%が腸内に集中しています。その中にはがん細胞を退治するナチュラルキラー細胞なども含まれています。腸内が健康で機能を維持していれば風邪や様々な病気を防ぐことができます。
その他にも、腸内には幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが多く存在しているという特長も持っています。幸せを感じる際に分泌されるセロトニンの、90%が腸内で作られます。腸を健やかにすることで、精神的な充実感も得ることができます。
様々な機能を持っている腸の健康を保つために重要となってくるのが、善玉菌です。乳酸菌などの善玉菌を腸内に送り届けることによって、腸内環境を整えることができます。

腸内には無数の細菌がいます。この細菌のことを腸内細菌と呼びます。腸内細菌は大きく分けて三種類あります。腸内に良い影響を与えるのが、乳酸菌などの善玉菌と呼ばれる細菌です。その他には、健康を害する悪玉菌があります。善玉菌が優勢の時は、心身ともに健やかな状態です。逆に、悪玉菌が優勢な時は健康に大きな支障をきたします。もう一つの腸内細菌が、日和見菌です。この日和見菌は、善玉菌が優勢の時は善玉菌に加担して、悪玉菌が優勢な時は悪玉菌に加担するという腸内細菌です。
腸内では常にこのような勢力争いをしています。体に嬉しい善玉菌が優勢になるように、乳酸菌などを多く含む食品を摂取するようにしましょう。乳酸菌を多く含んでいる健康食品なども登場しているので、積極的に摂取していきましょう。