乳酸菌といったヘルシー食品で元気開発|健康美研究委員会

薬

微生物も考える

女性

乳酸菌を利用して腸内環境を良い状態にすることで、お通じも良くなりますし、同時に精神的にも良い状態に保つことができるということがわかっています。腸は第二の脳と呼ばれているのは、こういった効果があるためです。腸からは栄養を吸収することになり、そこから栄養分が全身に回っていきます。このことは、腸の状態が悪ければ、すなわち全身の状態が悪くなるということを指すのです。
健康に害を及ぼす悪玉菌は腸内で増殖します。乳酸菌などの善玉菌が多ければウイルスや病原菌、活性酸素などの成分は身体に悪影響を及ぼすことなく、むしろ自らの役割を全うし身体に良い影響をもたらしているのです。私達の周りには細菌や病気を促進させるような物質がたくさんありますが、腸内のバランスが整えられていれば調子を崩すことを防げるのです。

腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える方法としてよく用いられているのが、ヨーグルトやチーズなどの乳製品を積極的に摂取することです。人によってはサプリを摂取することで凝縮された乳酸菌などの有効成分を摂取するという人もいます。しかし摂取していれば自然に善玉菌は増えると言うわけではないのです。
中でも、プロバイオティクスという微生物を考えることで、腸内環境を向上させることに繋げられます。乳酸菌は胃酸などで解けてしまうこともありますが、このプロバイオティクスも同じく積極的に摂取することで、腸内環境はさらに良くすることができるのです。